So-net無料ブログ作成

かとちゃんは重病だった?!嫁はお墓を建設中?? [芸能]

かとちゃんこと加藤茶(72)がTBS系の”私の何がイケないの?SP”
に奥さんの綾菜さん(27)と出演した。



噂になっていた重病説疑惑に対し「パーキンソン症候群」だったと告白した。




加藤茶は2006年に「大動脈解離」で緊急入院したことがある。
NHKの番組に出演した際には、ろれつが回らない状態だったため、
一部メディアは加藤茶重病説を報道していた。




加藤茶は、当時は手足がけいれんするなどひどい状態だったため、
綾菜夫人が車で病院に連れて行き入院したと告白。




診断結果は、薬の飲み合わせでパーキンソン病に似た症状を起こしてしまう
”パーキンソン症候群”だったことを明かした。




今、体調が安定している加藤は、奥さんの綾菜夫人の献身的なサポートのおかげで
当時について笑いながら”普通にボケてた”と答えていた。




同番組で加藤茶と綾菜夫人家族は皆で入るための墓地もデザインして建設中である
旨も明かしている。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ちょっと気になるコーナー』
*ここでは文中に出てきたちょっと気になることを書いておきます。



パーキンソン症候群とは??

パーキンソン病とは別の原因により生じるパーキンソン病の症状(緩慢な動作や振戦など)のこと。



症状

パーキンソン症候群ではパーキンソン病と同じ症状が起こる。
たとえば、安静時振戦、筋肉の硬直、緩慢な動作、バランス維持の困難、歩行困難など。

共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。